pixta_48111598_M

Web上の最新情報を集める理由

企業や個人の方向けにセミナーをするとき、いつもなるべく新しい出来事や情報をベースに話すことを心がけています。

もちろん、専門家ならだれでも、最新の情報を知っておくことはあたりまえなんですが。。。
それに輪をかけて、「働き方改革」や「仕事と育児の両立支援」という分野は、人々の価値観の大きな転換期に差し掛かっている気がしています。

例えば、昨年と今年とでは同じ話をしても受講者の反応がちがうぞ、と感じるほどなんです。
そういった変化を敏感に感じて、お話する内容に反映していくためにも、最新情報の入手がとても大切です。

Google アラートを使っています

前置きが長くなりましたが、私は”Google アラート”というツールを使っています。

Google 検索 ヘルプ アラートの作成

Google アラートは、Google 検索で特定のトピックについて新しい検索結果が見つかったときにメールが届くようにすることができます。
たとえば、「育休後カフェ」については、こんな設定にしています。

スクリーンショット 2019-04-10 14.18.23

一番下の「配信先」の欄には、送付先のメールアドレスを記入します。

送付されてくるメールの例がこちら。

スクリーンショット 2019-04-10 15.55.02

この例でしたら、育休後カフェ®「転職という選択肢」@関内 の部分がリンクになっており、そのページを表示することができます。

現在私がGoogle アラートに登録しているトピックの数は62、そのうち人名(自分も含めて)が28ありました。
今、この記事を書くために見直してみたら、このトピックなんだっけ、というものもあったので、少し整理して減らそうと思います。

ちなみに、最近増えているのは「男性の育児休業」というトピックで引っかかる記事。
実際に育休中のパパが書いているブログが結構たくさんあることがわかって興味深いです。

気になるトピックを登録しておくと、時代の変化や流行のようなものをつかむこともできるので、おすすめです。

情報収集についてもっと詳しく学ぶには

私自身は、情報収集について特別詳しいわけではありません。
記者やライターなど、調査して書くことが専門の方は、もっと高度なやり方で情報収集をしていらっしゃることでしょう。

そこまでではない、という方はまずは手軽で使いやすいGoogle アラートから始めてみてはいかがでしょう。
物足りなさを感じたら、そこから自分なりの方法を模索してみてください。

ちなみに、私がGoogleアラートを使い始めたのは今から10年ほど前、育休後コンサルタントになりたてのころでした。

そのとき、情報収集や勉強方法を調べていて、出会ったこの本はとても参考になりました。

佐々木俊尚著 3時間で「専門家」になる私の方法 PHP出版 2007/9/11発行

この本が出てから10年が経過しているので、今から始める方は新しい本や記事を参考にすることをお勧めします。

(ちなみに、オタク活動や推しの情報を得るためにも有効ですので、その筋の方はぜひお試しあれ!)

おすすめの記事