育休後カフェを名古屋で初めて開催しました。

日時:2013年6月23日(日)9:30 – 12:10
場所:COHAL
ファシリテーター:育休後コンサルタント 山口理栄
幹事:大洲 早生李さん(キラきゃりママ主宰)
参加者:22名

<アジェンダ>
9:30 – 9:35 幹事からごあいさつ
9:35 – 9:40 ファシリテーター自己紹介&ごあいさつ
9:40 -10:00 自己紹介(1.◯番の◯◯ 2.子どもは◯才と◯才 3.仕事は◯◯)
10:00 -10:30 対話『仕事と育児の両立の理想と難しいところ』
10:30 -11:10 ファシリテーターからのお話『仕事と育児の両立とは?
~全国のママたちの声をもとに~』
11:10 -11:50 対話『無理なく仕事と育児を両立するために必要なこととは?』
(模造紙に)
11:50 -12:00 全体で一言ずつ感想と抱負をシェア
12:00 -12:05 ファシリテーターからのコメント
12:05 -12:10 アンケート記入
12:15 -     ランチ

参加者の問題意識

・職場復帰をするかどうか迷いがある
・職場復帰を前に、いろいろアドバイスがほしい
・将来のビジョンがない
・サポートにまわされやりがいがない
・仕事量が減らされ物足りない
・復職してパフォーマンスが下がった
・管理職層が厳しく、働き方についての考え方にギャップを感じる
・ワーキングマザーの仲間と交流したい

カフェ終了時の感想

・自分の働き方をつらぬきたい
・恵まれた環境であることに対して感謝の気持ちをことばや態度で表現しながら働きたい
・一時的に低空飛行でも続けていきたい
・迷わず復職したい
・アサーティブなコミュニケーションを心がけたい
・笑顔をこころがけたい
・家事代行サービスを使ってみる
・夕食の支度について少し楽をしてみる
・よくばりに、3人目の子と管理職の両方をめざしたい
・先のことを考えすぎず、目の前のことを一生懸命やる
・パートナーに感謝したい
・子どもに、「ママみたいな会社の人になりたい」と言われることを目標に

ファシリテーターの感想

名古屋でも、保育園事情が首都圏と同様に厳しく、負担になっていることを感じました。

看護師、保育士といった以前から女性が多く働く職場で、管理職世代と今の若い人とで働き方についての考え方が異なっていて、厳しいことを言われる、という現実を知ることができました。

復職について迷っている、という方がいる一方で、充実して働けているという方もいてお互いに刺激になったことと思います。

会場のレストランCOHALは、光がふりそそぐ明るい空間で、とても居心地がよかったです。
12:15からのランチは、14:30すぎまで続きました。
ランチの間にテーブルを回りましたが、席を写るたびにかならず質問責めにあいました(笑)

皆さんの熱心さがうれしく、また名古屋に来るぞ、と誓いました。

大洲さん、COHALさん、どうもありがとうございました!

おすすめの記事