Rhythmooon SHAKE Vol.5穏やかに晴れた土曜日、フリーランスのWebプロデューサー小野梨奈さんと共同企画したイベント、Rhythmoon SHAKE Vol.5「育休後も生き生き働く秘訣って?」が行われました。

日時:2011年3月5日(土)10:00-12:30
場所:CafeMiyama 渋谷東口駅前店内 5号室

会場はカフェに隣接した会議室。渋谷駅からとても近く、便利なところでした。
10時を少し過ぎて、イベントは始まりました。

リズムーンの紹介、参加者の自己紹介に続いて、育休後コンサルタントのプレゼンテーションです。
ここで、スライドが映らないというミスがありましたが、配布した資料をもとに、「ワーキング・ウーマン歴26年 / 
ワーキング・マザー歴16年を
振り返って」というタイトルでお話をしました。

具体的には、新卒で入社した直後から現在に至るまでの、仕事内容と役割を
時系列にお話ししながら、その時々でぶつかった問題点、葛藤、それを乗り越えるために自分で編み出したコツについてご紹介しました。

その中で、コツの部分と参考文献を抜粋したものをスライドショーにしましたので参考にしてください。

以下はスライド全体です。(2011.6.21に追加掲載)

次に小野梨奈さんがフリーランスという働き方について、どうやったらなれるのか、どんな人が活躍しているのかなど、非常に具体的にご説明くださいました。

質疑応答では、たくさんの方から手が挙がり、真剣に話を聞いてくださったのだなあ、と感謝しました。お答えしていくなかで、実際には計画的に歩んできた人生ではなかったことが(二人とも)露呈していくのですが(笑)、そのへんはみなさん似たり寄ったりではないでしょうか。

当初予定していたグループディスカッションの時間がなくなってしまいました!シェアする時間は大切にしたいと思っているのですが、聞きたいことを聞けなくてあとで後悔するのも残念なのでその場で予定変更。いろいろと予期せぬことが起きて、皆さんにはご迷惑をおかけしてすみませんでした。

そのあとは自由参加の交流会でした。
小野さんおすすめの広々としたレストラン daylight kitchen でランチを楽しみながら情報交換。
一番うれしかったのは、
「こんなに聞きたいことばかりのセミナーは初めてだった」
という感想でした。

これだけコミュニケーションの手段が多様化しているのにもかかわらず、いまだに育休後の働き方について当事者同士が本音で話せる場が非常に限られている、という現状。毎日が仕事と子育てで精一杯の時期は、それだけ悩みも多く抱えている時期ですが、人と会う時間を捻出するのも一苦労です。同じような境遇の仲間と話ができる機会があれば、それだけでだいぶ楽になるのですから、そういった場をまわり(職場、自治体など)が数多く設けることを心がけたいものです。

私自身も、育休後コンサルタントとしてこういった機会をたくさん作っていきたいと思います。

参加の皆様、どうもありがとうございました。

<2011.3.27追記>
参加者の感想は下記の通りです。(書いた方が特定できないように編集したものです。)

  • 参加動機は明確でなかったが、話を聞いているうちに直近でやるべき事、やりたい事、将来的にやりたい事がうっすら見えた。
  • 「実年令から10を引く」はいい言葉ですね。
  • 会社員として子育てしながらキャリアアップするポイントとフリーランスに転換するためのポイントの両方が聞けてよかった。
  • 想像より多くの物を得られてよかった。
  • リアルな話が参考になった。
  • 自分の成果よりチーム(組織)の成果を上げるためにどう動くかを常に考える、という話が元気をくれた。
  • 昇進の過程と乗り切りポイントがよかった。
  • 組織の中で働き続けることについて具体的な話を聞けてよかった。
  • 自分の人生のイメージや聞きたいことがどんどんわいてくるセミナーは初めてだった。
  • 育休後に生き生きと働くヒントは個人の事情で異なるため、一斉に受けるセミナーではなく個別相談を受けたいと思った。(注:個別の面会相談を受け付けています。詳細はこちら>>
  • 経歴の話が中心で秘訣についてほとんど分からなかった。
  • 管理職を選ぶべきというのは考えが偏っていると思った。
  • 子育てをしながら働いている人にたくさん会えた。
  • 「この発想で乗り切りました」が参考になった。(注:上記の動画にその1からその4まですべて含まれています)
  • もっと自分から動けるようになりたいと思った。
  • 会社にいるからこそ学べることがたくさんあることを再認識した。
おすすめの記事