1. HOME
  2. ブログ
  3. キャリア
  4. 2020年に女性管理職30%をめざして【1995 News】

BLOG

ブログ

キャリア

2020年に女性管理職30%をめざして【1995 News】

Can Women Save Japan (and Asia Too)? – Finance & Development, October 2012 (このリンクはメルマガにはありませんがブログ上で追加しました。) 前半では仕事と子育てとの両立に関する問題点が指摘され、 後半では女性管理職比率の異常な低さが問題に。経済同友 会の長谷川代表(武田薬品工業社長)は、2020年に女性 管理職を30%にするという目標の達成を推進すると明言し ました。 「意思決定ボード」の真のダイバーシティ実現に向けて 〜女性管理職・役員の登用・活用状況のアンケート調査結果〜 | 経済同友会 (このリンクはメルマガにはありませんがブログ上で追加しました。) ラガルド専務理事は、それを達成するには3つのことが必 要です、とおっしゃいました。 1.ロールモデル 2.メンター 3.トレーニング いずれもカタカナの用語ですが、女性の活躍推進という 文脈では、すでにおなじみの3つですね。 さて、みなさんの職場では、これらを女性社員に提供す ることができるでしょうか。 ・社内に女性で活躍している人がいない ・メンターになれる人材がいない ・トレーニングの実績がない など、条件が整わない場合もあることでしょう。 ぜひこの機会に人事、人材開発、ダイバーシティ推進、 経営企画などの社内の関連部署で知恵を出し合いながら、 2020年30%の達成に向けて計画を立ててみてください。 そして、今30代の女性のあなたは、自分も30%の一角を 担うことが大前提です。今すぐに、勉強を始めましょう。 あと8年しかありませんよ! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  新着情報:職場復帰セミナーにかける意気込み ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 育休後の職場復帰のタイミングで、育児をしながら仕事 をするという新たなステージへの心の準備が非常に重要 だ、という認識が広まり、いろいろなところでさまざま な講師による職場復帰セミナーが行われるようになりま した。 そんな中で、私が育休後コンサルタントとして提供する 職場復帰セミナーにはどんな特徴があるのか、なぜ自信 を持っておすすめできるのかを、整理してみました。 ————– 育休後コンサルタントの職場復帰セミナーは、今まさに 育休中あるいは復職した親たちの、もやもやとした不安 や心の叫びに応えることを目的に組み立てられています。 ・講師自身が育休前後で仕事を取り巻く環境の変化を体 験してきたこと ・実家から遠い場所で育児をしてきたこと ・職場復帰直後に子どもが入院してショックを受けたり、 ふがいない自分に落ち込んだり、周りへの気兼ねで悩ん だこと ・育児をしながらソフトウェアの開発、設計、企画に従 事し、担当者、主任、課長、部長を経験し、新卒で入っ た会社で24年間働いたこと ・女性の活躍推進プロジェクトに2年間携わったこと ・2011年から20回以上実施してきた育休後カフェで200 人以上の育休取得者から両立の悩みを聞いたこと ・2010年以降100社以上の企業の人事担当者に会社から 見た育休者の課題を聞いたこと こういった経験や情報をすべて総動員して、受講者の不安 な気持ちに心から共感し、同時にこれからどうやって行く べきかを客観的にアドバイスします。 最大限の共感があるからこそ、必ずしも楽ではない現実を 直視したメッセージをも、素直に、前向きに、受け取って もらうことができるのです。 —————- (以上の部分はサイトにも掲載しています: https://demo02.xyz/company/return_to_work/ ) 先週も「仕事と子育て両立ナビ」というタイトルで職場 復帰セミナーをしました。二人のお子さんをもち、すでに 復職している受講者から、 「一人目の育休中に聞けたらどんなによかったかと思いま した」 という感想をいただきました。 こういった感想をいただくことが、また次もがんばろう、 という意欲につながります。 また、今ちょうど作っている資料では、お客さまのニーズ により、タイムマネジメントの部分を少し詳しくしていま す。いろいろなお客さまに提供することで、コンテンツの バリエーションがどんどん充実していくのは自分でもとて もうれしいことです。 いよいよ11月からは認可保育園の申込がはじまり、育休中 の社員は復帰のことを考え始める時期ですね。私のセミナ ーをすべての育休中の方にお届けできればどんなにいいか! そんなことを考える秋の日です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー お役立ち情報:10月、11月のセミナー・イベントなど ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー <<wiwiwミニセミナー>> 10月のテーマ: 女性社員の活躍を支援する管理職のあり方 日時:10月25日(木)14:30~16:30 会場:wiwiw新宿オフィス会議室 講師:育休後コンサルタント 山口 理栄    株式会社wiwiw 伊東 幸恵 内容: (1)ヒアリング&ワンポイントアドバイス  各社の概況と取組み内容をおうかがいし、その場  でワンポイントアドバイスを行います。 (2)テーマに関するミニセミナー  テーマに関する最新の動向、他社事例などを紹介  します。 (3)株式会社wiwiwが提供するサービスのご紹介  育児休業中能力アップ支援プログラムのご紹介を  いたします。  参加費:無料 詳細、お申し込みはこちらから https://www.wiwiw.com/seminar/miniseminar/index.html <<育休後職場復帰セミナーの一般開催>> 今年から育休後職場復帰セミナーを検討している企業様 に、セミナーへのオブザーバー参加のご案内をいたします。 また、育休中社員、復職したばかりの社員へのご紹介も お願いいたします。夫婦での参加も大歓迎です。 日時:2012年11月21日(水)13:30-15:30    2013年 2月26日(火)13:30-15:30    (各回の内容は同じです) 場所:wiwiw新宿オフィス会議室 主催:株式会社wiwiw 講師:育休後コンサルタント 山口理栄 対象者:育休中の方、育休後の方、本セミナーの開催を     検討中の人事、ダイバーシティ担当の方 参加費:wiwiwユーザは無料     wiwiw非ユーザは 3,000円     オブザーバー参加は無料 詳細、お申し込みはこちらから https://www.wiwiw.com/img/seminar/20120727.pdf <<ダイバーシティ経営企業100選>> 経済産業省では、「ダイバーシティ経営によって企業価 値向上を果たした企業」を表彰する「ダイバーシティ経 営企業100選」事業を開始します。 応募締め切りは11月2日です。詳しくは下記サイトへ。 https://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/diversity/kigyo100sen.html <<「女性を活かせば企業は伸びる」/大阪府>> 講座名:「女性を活かせば企業は伸びる」    ~できることはきっとある!やってみたら業績アップ!~ 日時:11/16(金)13:30~17:45 場所:ドーンセンター 主催:大阪府 【詳細情報・申込み】 https://www.dawncenter.or.jp/kozent/servlet/kouzalst?no=00538 <<ワーク・ライフ・バランスの取組事例を募集中です>> ~ チーム単位での業務効率化事例を「カエルの星」として認定 ~  内閣府では平成20年から、働き方を「変える」という 意味の「カエル・ジャパン」運動を行っています。  この運動の一環として、ワーク・ライフ・バランスの 推進に成果を上げた企業や団体の取組事例を募集します。 ・応募締切は10月31日(水)(選定結果は年内公表予定) ・平成24年度は5事例程度を「カエルの星」として認定書を交付し、記念品を  贈呈します。 【詳細情報・申込み】 https://wwwa.cao.go.jp/wlb/change_jpn/khosi.html * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * メールマガジン【1995通信】と【1995News】について * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 育休後コンサルタントが発行しているメールマガジンは 下記の2種類あります。 【1995通信】 仕事も子育ても充実させて夢を実現したい 個人の方向けのメールマガジンです。 【1995News】 多様な社員が能力を最大限に発揮できる職場作りに 取り組む企業の担当者様向けのメールマガジンです。 (今お読みになっているのはこちらです。) それぞれの登録、購読誌変更は下記のアドレスから行え ますのでご利用ください。 「解除」を選択しますと、2誌同時に解除になりますの で、購読誌変更の場合は「編集」を選んでください。 メールマガジンの登録・購読誌の変更・解除 https://demo02.xyz/mail_magazine/]]>

関連記事