1. HOME
  2. ブログ
  3. イベント開催報告
  4. 30人で3時間半!〜12/17育休後カフェ忘年会開催報告

BLOG

ブログ

イベント開催報告

30人で3時間半!〜12/17育休後カフェ忘年会開催報告

申込時の「気になっていること」 ・2年半の出産育児休暇を経て4月に職場復帰予定。これから復帰までの過ごし方 ・小学校以降の生活や復職後の転職 ・職場で同じ立場の方がいない(既婚子どもなしの方が多い)ため、ワークライフバランスを含めた本音で話せる相手が少ない。 ・最近仕事を頑張っても「頑張り損」になっているような気がしてモチベーションが下がっている ・育休復帰後のキャリア形成 ・第二子が欲しいが、キャリアを諦めなくてはならないのではないかと不安 ・現在育休中、所属する部署では育休をとった女性は久し振りで、ワーキングマザーは1人もいない ・4月に復職予定、管理職という立場から、どのような形で両立をスタートするべきかヒントを得たい ・最近仕事が多忙なため家庭や育児にしわ寄せがいっていると感じている ・人事部所属で育休中・時短勤務者のフォロー等しており他社の仕事と子育ての両立に関心の高い人の意見を聞きたい

今回の参加者の特徴

・リピーターと初参加が半々 ・育休中のパパが2人 ・0歳〜5歳の子ども10人 ・人事、人材育成関係の仕事の方が3人ぐらい ・営業関係の仕事の方が5人ぐらい ・管理職の方が1人 ・時短勤務の方が多数

歓談

いつもの育休後カフェと異なり、今回は忘年会ということもありテーマ設定や一斉の席替えはしませんでした。 最初の自己紹介で、話が合いそうな人を意識してもらい、食事を取って戻ってきたら別の席に座る、というやり方です。 20人の個室に大人20人子ども10人+ベビーカー数台が入ったので、ちょっとキュウクツだったかもしれません。 お子さんたちの様子は実にさまざま。爆睡あり、ぐずりあり、逃亡ありでにぎやかでした。

会を終えての感想

帰る時ににひとことずつ感想と来年の抱負を話していただきました。 来年復職の方。仕事上の転機を迎えている方。自分の役割を考え直している方。 参加者全員が、重い荷物を運びながら前に進もうとしている人ばかりなので、前向きな発言が上滑りしないんです。本当に大きなチャレンジを伴うことだと分かった上での決意表明なので、それを聞いた人にも大きなインパクトを与えます。うまく言えないけれど、この「心の奥底から共感できるポジティブさ」が、育休後カフェの特徴なのかもしれません。 2012年も定期的に開催して行くつもりですし、開催場所を増やしていきたいと考えています。協力して下さる方を募集しておりますので、ご興味のある方はご連絡ください。

参考サイト

育休後カフェ|育休後コンサルタント.com 地元で育休後カフェをやってみたいというかたも、こちら↑をご覧ください。 facebook 育休後カフェ コミュニティページ facebookの中に育休後カフェのコミュニティページを作ってみました。 食べ放題&ランチバイキング 「ザ・ブッフェスタイル ロオジ」 20名用の個室があります。 ]]>

関連記事