TOP  » ブログ  » 育休後社員が6月病にならないために必要なこと

育休後コンサルタントのブログ

育休後社員が6月病にならないために必要なこと

2014年6月7日 16:06:41

6月病とは

5月病というのは昔からよく知られていますが、6月病というのは初めて目にしました。

新入社員だけじゃない!?迫りくる「6月病」ストレスの解消法(中土井僚) – 個人 – Yahoo!ニュース

育休後社員にもまさに当てはまる記事だ、と読み始めた直後から感じました。

育休復帰は、年間を通じて発生するのが自然ですが、実際には、特に都市部では、保育園の入園に合わせて4月、5月に復職するケースが全体の7ー8割を占めるようになっています。

そういった人たちは、子どもの病気などで最初は頻繁に休むことが多く、何とか落ち着いてくるのが6月ごろ。
本人も周りも、何らかの評価を下したくなるのがこの時期というわけです。

スムーズなスタートをきれた人もいるでしょう。
でも中には、成果を出したいがどうすればよいかわからない、という状況に陥っている人もいるのではないでしょうか。

記事の中で中土井さんは、

「評判を得なければ」というプレッシャーから来るストレスは、闇雲に頑張っても解消されません。評価をする人とそれを受ける人が、この2点についてしっかりすり合わせることで、そのストレスはかなり解消されるはずです。

と言っています。
上司との、期待と成果についてのすり合せが不可欠。
しかし、問題を整理せず、頭が混乱したまま相談しても、話がかみあわず、かえって評価を落としてしまいかねません。

そこで、中土井さんは

『上司への相談』という本番を迎える前に、2人のスパーリングパートナーの協力を得ましょう。

と提案しています。

これを読んで、ああ,そういうことか、と思いました。
私のところに、メールや面会で相談を依頼してくださる方に対して、私が果たしている役割は「スパーリングパートナー」だったのだと。

記事では、感情を落ち着かせるためのパートナーと、ブレストやアイディア出しに協力するパートナーの2人が必要とあります。
私に相談してくる方はこの両方のもやもやを、まずメールに書いて送ってきます。

私は、特に意識はしていませんでしたが、その両方に対応した返事を書きます。
つまり、まずは感情面でそれは大変な状況ですね、よくがんばってきましたね、と受け止める。
そして、会ったこともなく住んでる場所も勤め先も全く知らない相手がメールに書いてきた情報だけを元に、あらん限りの想像力を働かせ、どうしたらよいのかアイディアを出してアドバイスする。

面会相談の場合は、お会いしますし、より詳しい状況を聞けるので、なるべく実践的なアイディアを思いつく限りお伝えしています。

これに「スパーリングパートナー」という名前がつくとは、感激です。
しかも、一人二役やっていたのですね。

もし、自分も6月病かもしれない、と思った方は、感情面の整理と、アクションの整理をまずは自分でやってみましょう。
そして、家庭でのパートナー(夫や妻)、会社の友人、ネット上のコミュニティなどで相談することも、効果があると思います。

きっと出口はあるはずなので、あせらず、冷静に、行動してくださいね。

育休後コンサルタントができること

身近に相談する人が見つからない場合は、こんな形でお力になれるかもしれません。

育休後メール相談
育休後面会相談

また、お近くで育休後カフェが開催されるときは、そこで悩みを相談することができます。
育休後カフェは、まさにそういった話をするための場なので、ぜひいらしてください。

育休後カフェ

現在予定されている育休後カフェ

2014年6月14日(土)育休後カフェ@流山(流山市)
2014年6月21日(土)育休後カフェ@すくらむ21(川崎市)
2014年6月22日(日)育休後カフェ(名古屋市)
2014年7月6日(日)育休後カフェ@さいたま vol.7(さいたま市)
2014年7月20日(日)育休後カフェ for 教職員(千代田区)

育休後カフェが近くでは開かれない、という方は、オンサイト開催も可能ですので、ご相談ください。
育休後カフェ オンサイト開催

U理論と育休後の働き方

今回引用したブログ記事を書いた中井戸さんが紹介している「U理論」は、過去の延長線上にない問題を解決するための考え方です。
育休後の働き方というのは、少なくとも日本の企業においては、本人にとっても、企業側にとっても、どうしたらよいのかよくわからない課題。
まさに、U理論によって解決のヒントが得られるタイプの問題ではないか、と考えています。

私自身、まだ勉強を始めたばかりで、とりあえずこの本を読んでいるところです。
事例が豊富で、抽象的な考え方を理解するために、大変役立ちます。
特に、育児ストレスを抱えた夫婦、という例は、夫婦関係を改善する参考になるかもしれません。

コメント/トラックバック

コメントはまだありません。

Trackback URL

コメント記入欄

育休後コンサルタント

<面会相談/職場復帰セミナー/育休後カフェ®>

育休後面会相談会受け付け中
東京、名古屋、大阪、ほか

育休後カフェ® in everywhere

育休後カフェ®・ファシリテーター講座受講者募集中
育休後カフェ® in everywhere

育休後アドバイザー養成講座

2019年7月23日(火)【無料セミナー】「男性の育休」促進のメリット~男性育休を進めるために知っておくべきこと~(東京都千代田区)

2019年7月28日(日)(大阪)実践を通して学ぶ! 育休・復職後の働き方・キャリアを考える場のつくり方(第5期)~育休後カフェ®・ファシリテーターになろう!(大阪市)

2019年7月30日(火)無料セミナー「女性活躍推進の加速化! 育児期社員を部下にもつリーダーの意識を変える!」(東京都千代田区)

2019年8月23日(金)【無料セミナー】管理職研修「多様な部下がいるチームの運営方法」~男性の育休・女性の育休と復帰後のマネジメント~(東京都千代田区)

2019年9月4日(水)(上司・管理職向け)育児と仕事の両立支援 ~マネジメントの心得とポイント~(145)(東京都港区)

2019年9月4日(水)育児と仕事の両立 ~時間的制約を乗り越え、自分らしく成長し続けるために~(144)(東京都港区)

2019年9月13日(金)無料セミナー『育休社員が活躍する組織づくりのために知っておくべきこと』(東京都港区)

2019年9月14日(土)育休後カフェ®-夫婦でこれからの生活を考えてみませんか-(名古屋市)

2019年10月20日(日)育休後カフェ®@さいたま vol.28(さいたま市)

2019年11月10日(日)小学生以上の子育てと仕事の両立セミナー(さいたま市)(予定)

2019年11月12日(火)無料セミナー「育休パパ・ママの職場復帰セミナー」(東京都千代田区)

2019年11月27日(水)(上司・管理職向け)育児と仕事の両立支援 ~マネジメントの心得とポイント~(145)(東京都港区)

2019年11月27日(水)育児と仕事の両立 ~時間的制約を乗り越え、自分らしく成長し続けるために~(144)(東京都港区)

2019年12月1日(日)育休後カフェ®@さいたまvol.29(さいたま市)

2019年12月2日(月)育児中の社員が活躍する組織づくり講座(東京都千代田区)

2020年1月14日(火)子育てLABO~産休後の復職事情~(横浜市)

2020年2月16日(日)育休後職場復帰セミナー(さいたま市)(予定)

2020年2月21日(金)無料セミナー『育休社員が活躍する組織づくりのために知っておくべきこと』(東京都港区)

2020年3月15日(日)育休後カフェ@さいたま vol.30 「育休後」へのキックオフ~育児休業からの職場復帰直前チェック(さいたま市)


子育て社員を活かすコミュニケーション


改訂版 さあ、育休後からはじめよう ~働くママへの応援歌~



最新情報を掲載中!

無料メール相談受付中

おすすめの本

月別アーカイブ
QR Code

携帯からアクセス ↑