TOP  » ブログ  » 本の紹介:「ふたりの子育てルール」治部れんげ著

育休後コンサルタントのブログ

本の紹介:「ふたりの子育てルール」治部れんげ著

2012年5月4日 12:05:48

共働きの子育てを、二人で協力しながら無理のない形で楽しく行いたい、と考えている方のために書かれた本です。
サブタイトルは、「『ありがとう』の一言から始まるいい関係」。どの夫婦にとっても理想の関係ですね。ここに近づくためにはどうしたらよいのか、読んでいくうちにヒントをつかめるようになっています。

この本には、経済誌の記者である著者と大学で経済学を教えるパートナーとが工夫して実践してきたことや、日米のさまざまな夫婦を取材した結果から見えてきた夫婦のあるべき姿が、とても自然な形で紹介されています。いえ、正確に言うと、これまでとは違う、新しい夫婦のあり方が提示されているにもかかわらず、過激でも強引でもなく、うんうんそうだよね、と納得しながら読めるような形で書かれているのです。

この本を、育休後カフェの席に持っていき、参加者に紹介したところ、パラパラとページをめくっていた1人が「キャリア志向でも主婦志向でもない女性が一番悩む」という小見出しを見つけて、そうなんですよね〜とため息をつきました。本では、そういった女性たちの悩みの原因を掘り下げて、考え方を整理した上で本人が意思決定するための支援をしてくれます。

私が特に注目したのは「『キャリア幻想』という麻薬」という一節です。

確かに仕事には大きな魅力があります。がんばった分だけ評価される。独身で好きなだけ働けるなら、すべての時間を仕事か仕事に関する投資にあてられる。顧客から喜ばれると、「生きがい」を感じる。上司に評価されると、がんばってよかったなと感じる。(略)こうしたことをすべて私も二十代の頃に経験してきました。

しかし、これは危険な麻薬ともいえるのです。(略)

キャリア幻想から解放されるきっかけは、子どもが生まれたことでした。今も仕事は楽しいし好きですが、昔のように起きているときはずっと仕事をするということは物理的にできなくなったからです。働ける時間は昔より短くなりましたが、他人が何かを大事に思う気持ちに共感する度合いは以前よりずっと増えました。(略)

育休後カフェに来る女性の中にも、出産前は仕事に没頭してきたという方がたくさんいます。そんな方たちに、起きている時間をすべて仕事にささげ、成果を出すことに喜びを感じる二十代を過ごした著者によるこの一節は深く印象に残るのではないでしょうか。子育てと仕事の両立に真剣に悩む女性たちの、これからの生き方に指針を与える考え方が述べられていると感じました。

ここまで、女性の読者に響くポイントを中心にご紹介してきましたが、「これからのワーク・ライフ・バランス」「父親も育児休業を取ろう」といった、子育ても仕事もしたいパパへのアドバイス、夫婦のコミュニケーションの大切さを示した事例が盛りだくさんです。また、家計責任も家事責任も二人で分担する、という考え方、さらに職場や社会全体の課題についても最新の調査結果をふまえて提言しています。

子育て世代だけでなく、経営者、部下を持つ管理職、人事担当者、ワーク・ライフ・バランスやダイバーシティ・マネジメント推進担当者、地域で子育て支援にたずさわる方たちなどに、強くおすすめしたい本です。

治部さんとの出会い

2008年、育休後コンサルタントとしての仕事への転身を考え始めた当初、インターネットの検索で見つけたのが治部さんのブログ
Rengejibuの日記
でした。私が日頃感じているけれどもうまく言葉にできないことが簡潔にまとめられているブログを、かかさずチェックするようになったのです。

その後始めた twitterでも、仕事と子育てに関してつぶやく @rengejibuさんの発言に遭遇しフォローするように。そして2010年のイー・ウーマン主催第15回国際女性ビジネス会議の分科会「Working Mothers & Working Fathers ~働くパパと一緒に社会を動かす」で発表された治部さんに、初めてお会いすることができました。

2011年7月のNPO法人ファザーリング・ジャパン主催のシンポジウムで再会、そのとき私がパネリストとして紹介した内容が、この本の中で引用されています。その日治部さんはパートナーの竹内さんと交互に登壇し、お二人ならではの両立エピソードをお話しくださいました。この本の中で書かれていることの一部も含まれていたように記憶しています。

2012年1月には、twitterの #wlb_cafe の仲間といっしょに企画した電子出版記念パーティーに、赤ちゃん連れでご参加いただき、ネットだけのつながりだったたくさんの子育て仲間とリアルでの語らいを共有することができました。

今回、人生初の献本を経験し、とても嬉しかったです。もっと早くブログで紹介したかったのですが、片っ端から引用したくなってしまってうまくいかず。やっと書くことができました!治部さん、ありがとうございました。

本を書きました ー Regejibuの日記

コメント/トラックバック 1件

育休中、育休後に気づいた制度運用上の課題を共有しよう【1995通信】Vol.17 | ブログ | 育休後コンサルタント.com

  • 2012年6月21日 09:06:57

[...] 本の紹介:「ふたりの子育てルール」治部れんげ著 [...]

Trackback URL

コメント記入欄

育休後コンサルタント

<面会相談/職場復帰セミナー/育休後カフェ®>

育休後面会相談会受け付け中
東京、名古屋、大阪、ほか

育休後カフェ® in everywhere

育休後カフェ®・ファシリテーター講座受講者募集中
育休後カフェ® in everywhere

育休後アドバイザー養成講座

2019年2月13日(水)育休社員が活躍する組織づくりのために知っておくべきこと(東京都新宿区)

2019年2月14日(木)育児と仕事の両立 ~時間的制約を乗り越え、自分らしく成長し続けるために~(144)(東京都港区)

2019年2月14日(木)(上司・管理職向け)育児と仕事の両立支援 ~マネジメントの心得とポイント~(145)(東京都港区)

2019年2月17日(日)共働きパパ・ママ応援!「共働き生活 仕事も家庭もうまくいくコツ」(山口県山口市)

2019年2月21日(木)職場復帰前セミナー@東京(東京都新宿区)

2019年2月24日(日)育休後職場復帰セミナー~両立のコツと心構えを知って不安解消!~(愛知県刈谷市)

2019年2月26日(火)職場復帰前セミナー@名古屋(名古屋市)

2019年2月27日(水)職場復帰前セミナー@大阪(大阪市)

2019年2月28日(木)ワーク・ライフ・バランスセミナー 育児中の社員を活かせる職場づくりとは(神奈川県伊勢原市)

2019年3月2日(土)育休ママとパパのための職場復帰セミナー&カフェ(川崎市)

2019年3月3日(日)育休後カフェ®@埼玉2018 vol.26(さいたま市)

2019年3月5日(火)「アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)入門」~ジェンダー・ダイバーシティマネジメントの具体策~(大阪市)

2019年3月9日(土)育休後のハッピー・キャリア・カフェ(滋賀県大津市)

2019年3月20日(水)『アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)研修』~多様な人材の活躍で企業成長を~
(東京都千代田区)

2019年4月13日(土)第12回 育休後アドバイザー養成講座(東京都千代田区)

2019年6月20日(木)(上司・管理職向け)育児と仕事の両立支援 ~マネジメントの心得とポイント~(145)(東京都港区)

2019年6月20日(木)育児と仕事の両立 ~時間的制約を乗り越え、自分らしく成長し続けるために~(144)(東京都港区)


子育て社員を活かすコミュニケーション


改訂版 さあ、育休後からはじめよう ~働くママへの応援歌~



最新情報を掲載中!

無料メール相談受付中

おすすめの本

月別アーカイブ
QR Code

携帯からアクセス ↑