TOP  » 法人の皆さまへ  » サービス事例集

法人の皆さまへ

サービス事例集

企業内研修

企業内研修 詳細

20代、30代女性社員向けライフイベントを前提としたキャリアデザインセミナー(社内研修)

項目 内容
研修の背景 これまでの女性社員向けのキャリアデザイン教育では、ライフイベント(結婚、出産、その他)をあたかも存在しないように扱うか、言及したとしても表面的な触れ方にとどまっていた。その結果、ライフイベントが発生した途端にキャリアが見えなくなり、あきらめたり(退職または停滞)ライフイベントを避けたり(先延ばしやあきらめ)する社員が多かった。

研修の目的 ライフイベントが発生しても主体的に判断、選択して前向きに働き続けることができるように、講義や事例紹介、ワークにより女性社員の意識改革をうながす。その結果、ライフイベントの有無に関わらず自分の理想とするキャリアのビジョンに近づくために必要なリソースを知り、今後の具体的ビジョンを描けるようになる。
研修対象者
  • 20代、30代の女性社員
研修のゴール 受講者一人一人が下記のような意識を明確に持つこと。

  • ライフイベントがあっても働き続ける意思
  • 5年後、10年後こうなりたいという目標
  • 自分の人生は自分自身の判断の積み重ねの結果である
プログラム
  • 会社としての女性活躍推進の目的、各種制度の紹介(会社からの説明)
  • 日本における女性労働者の現状(講義)
  • 「働くなでしこ大作戦」にこめられた女性労働力への期待(講義)
  • 自分の仕事の能力の分析(講義+ワーク)
  • ライフイベントを前提とした働き方(講義+ディスカッション)
  • これからの自分の生き方(ワーク+発表)
実施事例

ライフイベントを迎えた社員を部下に持つ管理職向けセミナー(社内研修)

項目 内容
研修の背景 育児休業を取得して復職する社員が増加している。これは、女性の活躍による経済活性化をめざしている政府の方針とも合致し、望ましい方向に進んでいるといえる一方、現場では育児と両立するため時間の制約の上で働く社員にうまく対応できないマネージャーが目立つ。

研修の目的 時間の制約がある育児中の社員への対応や育成方法を含め、多様な働き方の社員がいることを前提に組織全体を管理していくためのマネジメントを学ぶ。
研修対象者
  • ライフイベントを迎えた部下を持つ管理職
  • 新任の管理職
研修のゴール 受講者が下記のような意識を持ち、学ぶこと。

  • ライフイベントを迎えながら働いている社員への理解
  • ライフイベントを迎えた社員の評価、育成への意識
  • 多様な働き方をする社員の増加にともなう組織運営のあり方
プログラム
  • ワーク・ライフ・バランスとは何か
  • 働き方の多様化
  • 女性の就業家族の実態
  • 企業がワーク・ライフ・バランスに取り組む意味
  • 育児と仕事の両立支援に関する制度と課題
  • 管理職に求められている行動とは
  • ライフイベントを迎えている社員とのコミュニケーション
  • 時間制限のある中で仕事への意欲を高めるには
  • 周囲の社員も含めた働きやすい職場環境作り
  • 多様な部下がいるチームの運営方法(ディスカッション)

短時間勤務制度利用者向け意識改革セミナー(社内研修)

項目 内容
研修の背景 育児休業を取得して復職し、短時間勤務制度を利用する社員が非常に増加してきた。それにともない、一部で制度利用を当然の権利のように考え職場への配慮をしない社員が出てきて問題視されている。

研修の目的 子育てしながら働いている社員に、仕事の上での目標を定め、それに向かってステップアップする意欲を持たせること。
研修対象者
  • 育児休業復職直前(または直後)の社員
  • 短時間勤務制度を利用している社員
研修のゴール 受講者一人一人が下記のような意識を明確に持つこと。

  • 子育てしながらでもキャリアを積んでステップアップする意欲
  • 5年後、10年後こうありたいという目標
  • 時間制限がある中で周囲と協調し責任感を持つ必要性の理解
プログラム
  • 会社としての女性活躍推進の目的、取組み紹介
  • 先輩女性社員の体験談
  • 時間制約がある働き方での実践的アドバイス
  • 仕事のやりがい(グループワーク)
  • 仕事と生活のバランス(グループワーク)
  • 5年後、10年後の自分(グループワーク)