TOP  » 新着情報  » 「かながわ働き方改革」ワーク・ライフ・バランスコラムで「育児期の就業継続を支援するためにできること」が紹介されました

新着情報

「かながわ働き方改革」ワーク・ライフ・バランスコラムで「育児期の就業継続を支援するためにできること」が紹介されました

1025イクメン02
「かながわ働き方改革」ワーク・ライフ・バランスコラム
育児期の就業継続を支援するためにできること 1
が紹介されました。

 厚生労働省「平成28年版働く女性の実情」によれば、神奈川県の子育て世代(25歳〜44歳)の労働力率71.6%は全国で2番目に低く、M字カーブの窪みの深さは15.4ポイントで全国1位です。さらに、育児をしている女性に占める有業者の割合を見ると、総務省「就業構造基本調査」(平成24年)によれば、島根県が74.3%と最も高く、神奈川県が41.9%と最も低い。その差は30%以上にも及んでいます。この差はどこからくるのでしょうか。