TOP  » 新着情報  » 2015年4月3日(火)の中日新聞暮らし面の記事「『子育ては夫婦二人で』 ブラザー工業労組がセミナー」でコメントが紹介されました

新着情報

2015年4月3日(火)の中日新聞暮らし面の記事「『子育ては夫婦二人で』 ブラザー工業労組がセミナー」でコメントが紹介されました

2015年4月3日(火)の中日新聞暮らし面の記事「『子育ては夫婦二人で』 ブラザー工業労組がセミナー」で以下のようにコメントが紹介されました。

育休後コンサルタントの山口理栄さんは「仕事熱心な男性社員の意識改革が必要」と話す。出産後の妻は意識も働き方も大きく変わるが、子どもができても夫は「終電でしか帰れない」と主張する。そんな男性の説得が実は難しい。「最初は子どもの迎えの時間に間に合わなくても、帰宅の目標時間を決めて段階的に帰宅を早めたり、残業を朝に回したり。夫婦でよく話し合うことが大切」